サンカクシャ

  • TOP
  • マガジン
  • 2021年度の活動を支えてくださった、助成団体をまとめました。

特集・企画

2022.03.22

2021年度の活動を支えてくださった、助成団体をまとめました。

2021年度のサンカクシャは、居住支援の拠点数増加・社会サンカクのコンテンツの充実をおこなってまいりました。

そうした活動を支えてくださった、助成団体をまとめました。

サンカクシャの価値観に共感し、活動を支えてくださっている全ての助成団体の皆さま、ならびに寄付者の皆様に改めて感謝申し上げます。


■ 2021年度受託助成金一覧

中央共同募金会
赤い羽根福祉基金2021年度助成

20年7月にオープンしたサンカクハウス駒込(北区)にて、親や身近な大人を頼ることのできない若者が、住み慣れた環境で就労できるよう、住まいと住まいでできる仕事を創り出す活動を行います。

助成お知らせ記事:https://www.sankakusha.or.jp/2021/05/14/news-14/

活動の様子:若者5名にプチインタビュー!シェアハウスでの暮らしのリアルをお届けします。

東京海上日動キャリアサービス
働く力応援基金基金

働いた経験の少ない若者や働く自信がない若者に対して、若者を応援したい個人の方が仕事を依頼し、若者に働く経験を積む機会と働く自信を身につけてもらうプログラムを実施します。

助成お知らせ記事:https://www.sankakusha.or.jp/2021/06/18/20210618/

活動の様子:“豊島区”の依頼で若者がチラシ制作!プロに「仕事」を学んだ全貌を大公開【サンカククエスト奮闘記】

キッズドア×READYFOR休眠預金
深刻化する『コロナ学習格差』緊急支援事業

豊島区にて、人との交流や体験を積む場としてのコワーキングスペースを運営。若者へ社会人との交流の機会や体験プログラムを提供します。また若者を支える地域の大人や企業、行政のネットワークを構築します。

助成お知らせ記事:https://www.sankakusha.or.jp/2021/12/14/news-29/

Okta
Okta for Good

Okta様の非営利組織を支援する取り組み「Okta for Good」から助成金をいただきました。
行政や地域の支援から途切れてしまう義務教育終了後の年代の若者たち、そしてこれまでの経験から自分の将来に意欲を持てず無力感を抱えており、支援に拒否感のある若者たちと繋がり、若者自身が信頼できる他者と多様な社会資源に繋がり自立できるよう、個別支援、居場所運営、居住支援の実施から、社会サンカクのサポートまで一環した支援を行います。

日本寄付財団
2021年度助成事業

当事者だけでなく、寄付者や企業に向けた情報発信を力を入れ、親や身近な大人を頼れない若者を支えるパートナーをより一層集めていくために、本助成を活用して、ウェブサイトの改訂、そして情報発信の強化を図ります。

文京区社会福祉協議会
Bチャレ(提案公募型協働事業)

不登校やひきこもり等により地域で孤立している子ども若者との新たなつながりを生み出すため、定期的なイベントの実施、区内大学と連携しボランティアの育成を行います。

活動の様子:NPO×企業のコラボで、若者が社会と繋がるきっかけを。若者がラジオパーソナリティーに!

独立行政法人福祉医療機構(WAM)
子供の未来応援基金 第5回未来応援ネットワーク事業

公的支援も地域の支援も不足している孤立しやすい傾向にある子ども若者に対して、東京都豊島区にて居場所の提供を行いつつ、学習、進路、就職といった高校生年代に必要な支援を提供できるワンストップの支援拠点を運営します。

独立行政法人福祉医療機構(WAM)
令和3年度WAM助成(社会福祉振興助成事業)<モデル事業>

中高生を中心とした子ども若者の孤立を防ぐ居場所を拠点とし、地域連携による包摂的支援のモデルとなる事業の開発をいたします。

活動の様子:楽しいも大変も、「感情を共有したい!」と思える”他者”がうまれること

ベネッセこども基金
経済的困難を抱える子どもの学び支援活動助成(2年目)

学ぶことや人と接することなどに意欲のない、学習性無力感を感じている若者に対して、支援を届けていくためのモデルとなる事業の開発をします。
スポーツや趣味などの若者が参加しやすいイベントを企業と連携し実施。イベントを通じて企業で働く大人と若者がコミュニケーションを取っていく中で、自然と自分の将来について考えるきっかけを得たり、社会を知ったり、ロールモデルを見つけたりして、体験を重ねながら、少しずつ学ぶ意欲や自立の意欲が向上していくことをサポートします。

学校や社会に馴染めない若者が、どんな道に進んでも生き抜いていけるように

サンカクシャはこれからも、このスローガンの元に、若者ひとりひとりに寄り添い、社会サンカクをサポートする活動を継続、拡大してまいります。
引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。

*****

法人の皆さまからの、活動のご連携や寄付のご相談をお待ちしております。
各法人に合った連携の形を一緒に模索できればと思っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
https://www.sankakusha.or.jp/contact/

*****
若者たちの「いま」と「これから」を、サンカクシャと共に応援してくれる方を大募集!
以下の方法より、活動にあなたもサンカクしませんか?

🎁 サンカクハウスを支えるウィッシュリストを募集中!
https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/AYMLR0DLWHJD

🙌 寄付で応援!単発・自由な金額設定から、ご支援いただけます
https://www.sankakusha.or.jp/donation/

✉️ 活動の様子をまとめて配信中!メルマガ登録はこちら↓
https://sankakusha.us20.list-manage.com/subscribe?u=beeb08657d9bd20cca023fa37&id=72f58ac1db

ライター

塚本いづみ

事務局次長

特集・企画

2022.03.22