サンカクシャ

OUEN応援する

若者が安心できる
人とつながり、
自分らしく生きていけるように

サンカクシャは、親や身近な大人を頼れない15〜25歳くらいまでの若者が孤立せず、自立にむかえるよう、若者の社会サンカクを応援する団体です。
生きていく意欲、何かに取り組もうとする意欲を失ってしまった若者へ丁寧に伴走し、サンカクシャの活動を通じて、若者が社会との繋がりを得て、安定した生活を送り、自分らしく生きていくことができるようサポートをしていきます。また、地域や企業の大人もこの活動に「サンカク」し、人とのつながりを活かし、共に生きていくコミュニティになることを目指しています。

サンカクシャとは

LET’S sankakuみんなでサンカク

サンカクシャでは若者を応援する支え手の存在だ大切だと考えています。
私たちと一緒に若者を身近で支える仲間になりませんか?

  • 寄付で応援

    寄付で応援
    寄付で、若者が社会で生き抜いていける未来を作ろう!若者を全力で応援するサンカクシャを寄付で支えていただけると嬉しいです!

    若者を全力で応援するサンカクシャを寄付で支えていただけると嬉しいです!

  • ギフトで応援

    ギフトで応援
    若者のキチ・イバショ・サンカクハウスで必要な食品や物品を!若者のご飯や居場所の物品が常に足りません!サポートをお願いします!

    若者のご飯や居場所の物品が常に足りません!サポートをお願いします!

  • 知って応援

    知って応援
    サンカクシャからのお知らせやイベント情報などをお届けします!SNSやメルマガではサンカクシャの慌ただしい日常の様子やイベント情報などをお届けします。

    SNSやメルマガではサンカクシャの慌ただしい日常の様子やイベント情報などをお届けします。

  • 活動参加で応援

    活動参加で応援
    若者と大人が「好きなこと」でつながる体験を一緒に!若者を隣で応援する人「オトナリサン」として、一緒に若者の変化を見届けましょう!

    若者を隣で応援する人「オトナリサン」として、一緒に若者の変化を見届けましょう!

LET’S OTONARISANオトナリサン

サンカクシャでは私たちの理念に共感し、若者を応援したいという気持ちを持った人たちを「オトナリサン」と呼んでいます。若者と大人が「好きなこと」でつながり、肩書きや出自、年齢などに関わらず「ありのまま」で自分を表現できる場やきっかけを一緒に作っていきませんか?

オトナリサン紹介

  • オトナリサン紹介ヤスさん豊島区のサンシャインシティに勤めるオトナリサンまちづくり推進部に所属し、豊島区がもっと活性化するための取組みに従事。最近では傘、ベビーカー、電動キックボード等のシェアリングサービスのエリア展開を促進しました。
    個人としても主に豊島区内の様々な拠点を巡り、まちのおもしろい場所・人、美味しいお店の開拓をしています。
    2019年末にサンカクシャと繋がり、当時の要町拠点を見学した後、しばらくは活動を見守っていましたが、イッショニバイト(現:イッショニバンソウ)への参加をきっかけに、サンカクシャとの関係を深め始めました。サンカクシャが面白いのは、応援する側・される側でなく、若者と本当にフラットな関係性を築いていること。また、アツい使命感が出過ぎておらず、楽し気な雰囲気であることも魅力のひとつかと思います。スタッフもオトナリサンも、多様なバックグラウンドを持っており、私の未知の世界の方々が大勢いるので興味深いです。
    私のよく分からないネットワークが若者応援のために活用できるなら本望です。意外な人がサンカクシャの活動にシンパシーを感じて協力してくれるのが嬉しかったりします。
    一方通行の若者応援だけでなく、若者の力を借りて地域課題の解決ができる、もちつもたれつな社会を目指していきたいです。
  • オトナリサン紹介さとよさん公認会計士として活躍されているオトナリサン出産後から子供の貧困など、若者の課題が目に止まるようになり、いつか自分もそういった社会課題に取り組みたいと思っていたところ、勤め先で管理職に昇格し仕事に忙殺されるようになったことで生き方に疑問を持つようになり、思い切って退職。フリーランスとして働きながらボランティア活動をする生き方を選びました。
    多くのNPOでは土日や平日夜のボランティア活動が多いですが、私の場合は実子が小さく、土日や夜に家を空けられないため、平日の日中の活動に参加出来ることがとてもありがたく、サンカクシャのおかげで仕事とボランティアと家庭のバランスが整っています。オトナリサン同士の交流の機会もあり、本当に色々な大人が関わってサンカクシャが成り立っていることを実感できるのも、オトナリサンとしての活動が楽しい要因の1つです。
    サンカクシャでは、ひとりひとりの支援レベルに合わせた小さなステップを沢山用意しているのが魅力的だと思います。その中で私も多くの若者たちと触れ合っていけたらと思います。私は今は記帳代行業務のサンカククエストの提供をしていますが、お仕事体験してみたいというレベルから簿記の勉強をしたいというレベルまで、若者のニーズに合ったクエスト提供をしていきたいと思います。
法人の方へ

For Corporations法人の方へ

学校や社会に馴染めない若者は、それまでの経験から自分のことを無力に感じていることも少なくありません。しかし、安心できる居場所や、困った時に頼れて信頼できたり、目標となったりするような大人とのつながりを獲得することで、自然と「何かに取り組みたい」という気持ちが湧いてくる、そんな若者たちの様子をたくさん見てきました。サンカクシャでは若者ひとりひとりの「やってみたいこと」「興味のあること」を応援したいと考えていますが、それには、皆さまのお力が必要になります。これまで、法人サポーターの皆さまとは、以下のような取り組みを重ねてきました。ぜひ、各企業に合った連携の形を一緒に模索できればと思っておりますので、お気軽にご連絡ください。

活動連携活動連携非日常の中で色々な人と交流しながら自分のやりたいことに挑戦する

サンカクシャでは企業とコラボレーションして、非日常の機会を創出し、参加する若者も大人も活動を通して感情を豊かにしていく取り組みを実施しています。ともに同じ時間を過ごし共同作業することによって、表面上ではない「人と人が心で繋がりを感じる」体験づくりをしています。
取り組みを通して参加者全員が「経験を自信に繋げていく」こと、「誰かの役に立つことで得られる喜び」に気づいて、 生きることの本質に迫っていくきっかけになればと考えています。

連携事例Apple Japan合同会社 様

機会に恵まれない若手にクリエイティブを学ぶ機会を提供する「Today at Apple Creative Studios」において、日本初パートナーとして選出いただき、写真や動画を通じて自己を表現する、というプログラムに参加させていただきました。
世界で活躍するクリエイターにメンターになっていただき、事前関係づくりしながらプログラムに望むことができ、最終的には若者それぞれが想像以上の作品を作り上げる結果になりました。

企業連携企業連携(サンカククエスト)あたたかいつながりの中でハタラク体験を通して自信を獲得する

サンカクシャには知らない人と働くことに不安を抱いていたり、自分に合う仕事が見つからずすぐに辞めてしまったりするなど、働きたくても働けない若者がいます。そんな彼らを応援してくださる企業・個人・団体の方から仕事の依頼をいただき、若者が安心できる人や環境のもとで働くことで、人とのつながりや自信を得るプログラム「サンカククエスト」を実施しています。軽作業だけでなく、デザイン制作、現場のサポート、接客など、業務や実施場所も若者に合わせて、スタッフがクエスト(仕事)を設計・マッチングしておりますので、お気軽にお問合せください。

連携事例株式会社アールキューブ「肉汁水餃子 餃包六本木交差点店」 様

若者が接客業務を2日間体験。飲食店の接客未経験でしたが、現場にはサンカクシャスタッフが付き添い、また担当者様の丁寧なロールプレイングもあって、多くの収穫を得たと話していました。若者が出勤しているからとオトナリサンが駆けつけて、接客相手になってくれたことも「人の優しさを感じながら仕事ができた」と若者の安心感につながりました。

連携法人の皆さま連携法人の皆さま

それぞれの企業に合わせた連携の形を一緒に作りませんか?
若者の現状やサンカクシャの取り組みの状況や各企業のご希望をかけ合わせて新しい若者支援をつくりましょう。
お気軽にお問い合わせください。

LET’S SOUNDANサンカクシャへ相談

若者支援でお困りの方・支援団体の方へ若者支援でお困りの方・支援団体の方へ

サンカクシャでは支援団体や行政機関からのご相談を受け付けております。
お問い合わせ方法は詳細ページをご覧ください。