特定非営利法人サンカクシャ

活動紹介

サンカクシャは、学校や社会に馴染めない15〜25歳ぐらいの若者が、社会で生きていくために、経験値を獲得できる機会を作っています。人とつながり、自分を応援してくれる人と出会える「タマリバ」と何かにチャレンジするための「サンカク」の機会を作り出し、若者の経験値が上がるように応援しています。
また、地域や企業の大人もこの活動に「サンカク」し、人とのつながりを活かし、共に生きていくコミュニティになることを目指しています。

サンカクシャのアプローチ

若者が素の自分でいられる「友達の家」のような場所を地域につくります。あたたかいごはんがあり、好きなようにくつろげ、人とつながり、社会に「サンカク」するためのステップとなる場です。

東京都豊島区に若者のタマリバ「サンカクハウス」を運営しています。昼食と夕食が無料で食べられ、漫画やゲーム、wifiも用意されているので、友達の家のようについついくつろいでしまう、そのような場です。毎週火、木、土、日の週4日10時から21時まで開放しています。
タマリバは、若者が自分のことを応援してくれる人と出会い、素を出し安心して居られる場で、そうして過ごしていく中で「何かをやってみようかな」という気持ちがうまれる、社会サンカクへのステップの場でもあります。
文京区でもタマリバの運営をはじめており、地域に若者が安心して居られるタマリバを作っていけるよう活動を広げています。

タマリバから出て、何かに取り組む「サンカク」の機会を作ります。地域の人や企業の人と交流するブカツやアルバイトといった体験を重ね、自分の道を考える機会をつくり出します。

若者がどんな道に進んでも生き抜いていけるよう、社会人と交流する機会や、”働く”につながるスキルアップの機会、アルバイトの場など、社会に出るための経験値をあげる機会を作っています。
スポーツやゲームなどの趣味を通じて若者と社会人が交流する「ブカツ」は、フラットな関わりを通じて、若者が社会人を身近に感じるきっかけとなっています。
また、「バイト」の機会も用意しています。タマリバ内で気負わず挑戦できるチラシの封入のような単純作業や、PCを使った業務、サンカクシャの連携企業での業務などがあり、働きながらも社会に出るための経験値をためていくことができます。今後はカフェの出店など、他にも若者が挑戦できる場を作っていきます。
若者が自分の道を考え、進んでいくきっかけを得られるよう、若者ひとりひとりに合わせた社会サンカクの機会を用意しています。

タマリバやサンカクの機会につながることが難しい若者にはサンカクシャの方から会いにいきます。最初の1歩がなかなか踏み出せなくても、ゆっくり一緒に寄り添います。

いきなり知らない場所に行ったり、知らない人に会ったりするのは抵抗がある…というような、タマリバに来ることが難しい若者には、家庭訪問などを行っています。
家庭訪問は月に2回、1回2時間程度訪問し、話し相手になったり、ゲームをしたり、勉強をみたりしています。年の近いスタッフが訪問し、「この人と一緒ならどこか出かけてみてもいいかな」と思えるような関係性になったら、タマリバに一緒に行ったり、おでかけしたりしてします。
現在は、不登校などの傾向にある生徒への家庭訪問を行なっており、東京都文京区では教育センター、社会福祉協議会と連携をして実施しています。


知ってサンカク!

もっとみる