サンカクシャ

活動報告

2022.12.26

なんとなくいられる場所

2022年12月XX日

2日前にLINE相談があり、上京して寮付きの仕事に就いたものの、人間関係が悪く体調を崩して辞めてしまった若者。住まいも仕事もなくして、所持金も尽きそうな状態でした。

これから住まいと仕事のサポートが始まるわけですが、今日はサンカクキチに来て、同世代の子たちに混じっています。

Switchゲームのスマブラに加わってみたり、イベント企画会議に同席したり(いるだけ)、夕飯の準備を近くで見守っていたり(見るだけ)笑

スタッフ以外の人と交流する機会として、サンカクキチはちょうどいいイバショだと思いますし、何より「なんとなくいられる」ことは貴重だよな〜と。

普段からキチを利用する子も、今日は何もしない!とゴロゴロする、勉強やばい!とノートに向かう、料理やったる!と燃えているなど、それぞれ好きに過ごしています。

互いに助け合い、認め合う中で、人づきあいも練習できたらいいよねと期待・・・笑

今日初めてキチにきた子も、これから自分の生活に向き合うためにも、まずは温かいご飯と、優しい人からの心遣いを受け取って、元気もりもりになってもらいたいです!


若者たちの「いま」と「これから」を、サンカクシャと共に応援してくれる方を大募集!
以下の方法より、活動にあなたもサンカクしませんか?

🎁 サンカクハウスを支えるウィッシュリストを募集中!

🙌 寄付で応援!単発・自由な金額設定から、ご支援いただけます

✉️ メルマガ限定スタッフコラム配信中。

ライター

宮本 緑

社会サンカク事業担当

活動報告

2022.12.26