特定非営利法人サンカクシャ

【空室情報】住まいや仕事を失った若者をサポートするシェアハウス、空室のお知らせ

2021/08/18

(※今回の募集は、若者支援に従事していらっしゃる担当者の皆さま向けのご案内となっております)

サンカクシャでは、「自立をしたいけれど、親や身近な人に頼れずにいる若者」に向けて、住まいと就労のサポートを行うシェアハウスを運営中。
こちらのシェアハウスにて、空室が出ましたのでお知らせいたします。

シェアハウスの概要

サンカクシャは若者の居場所の運営と居場所を通じての進路就職のサポートをメインに活動している団体ですが、社会参画のサポートの手前でまず暮らしの安定が必要な若者向けに、居住支援を2020年夏から開始しました。

場所は、北区の駒込。
男性専用シェアハウスにはなりますが、初期費用がかからず、家具やwifiもついていて、一部食品の提供などもあるため、生活費の負担が少なく生活ができるようになっています。

住まいや仕事を失った若者が、安心して自立に向かっていけるよう運営しているシェアハウスです。

サポート内容

個別面談
月1回程度面談を行い、1年間で自立ができるよう必要なことを整理していきます。

買い出し+調理
火曜日は家事スキルアップやコミュニケーションの一環として、買い出しと調理を一緒に行っています。

就労に関する講座
毎週火曜日は、就労に必要なスキルの講座を提供しています。

仕事探しのサポート
仕事がない場合、長く続けるのが難しい場合は、仕事探しの担当者が就労定着まで相談サポートを行います。

実際のサポートの様子はこちら

また、シェアハウス内のリビングを使って週2回、サンカクシャの居場所の活動を実施。
サンカクシャを利用する住民以外の若者も、居場所としての開放日は遊びに来て、ゲームや漫画、みんなで食卓を囲んだりと自由に過ごしています。

入居者募集の詳細

住居概要
場 所:東京都北区西ヶ原(JR駒込駅から5分)
部屋数:個室3部屋、相部屋1部屋
定員:5名

共有設備
・全室鍵付き書庫あり
・一部食品の提供あり
・バス・トイレは共同(風呂1つ、トイレ・洗面台は2つ)
・共有部のキッチンには、3口コンロ、大型冷蔵庫2台、炊飯器1台、電子レンジ1台、オーブントースター1台、電気ポット1台、掃除機1台
・PC、Wi-Fi完備。nintendo switch、playstation4、Switchなどのゲーム機器も。

個室について
ベッドなどの生活に必要な家具完備

【募集内容】

募    集:男性1名(空室タイプ1室)
入居開始時期:即日~
家賃:月額30,000円+水道光熱費(実費を入居人数で等分)
(クレジットカード、もしくは口座引き落とし。現金も可。)
※最初の1か月は家賃無料
※その他、やむを得ない事情で賃料が支払えない場合は、相談に乗ることも可能ですので、お問い合わせください。

【入居にあたってのルール】

・月1回の住人会議への参加
・週1回自室の清掃、共用部は当番制
・食事は基本入居者が自分で用意
・建物内での飲酒喫煙禁止
・友人及びパートナーなど家に招くことはNG
・その他、他の住民の迷惑になる行為はNG

【入居開始までのステップ】

①見学・入居希望のお問い合わせ
②シェアハウスの見学、スタッフとの面談
③入居日の確定
④入居・引っ越し(引っ越し手伝います!)

今回の入居者募集では、このシェアハウスを必要としている、自立をしたいけれど親や身近な人に頼れずにいる若者に、住まいとサポートを届けたいと思っております。

行政や地域で若者支援に従事していらっしゃる担当者の皆さまからのお問い合わせを、お待ちしております。
詳細や入居のご検討・ご相談は下記までご連絡ください。

【問い合わせ先】
メールアドレス:staff@sankakusha.or.jp
担当:山崎健吾

運営団体について

NPO法人サンカクシャは、学校や社会に馴染めない、親や身近な大人に頼れない、といった状況にある15〜25歳ぐらいの若者に向けて活動を行っています。「若者がどんな道に進んでも生き抜いていけるように」をスローガンに、若者が孤立せず、自立にむかえるよう、社会サンカクを応援する団体です。

自由にくつろぎながら、安心できる大人や仲間に会い、進路を考え、社会を知るきっかけを掴む若者の居場所「タマリバ」の運営と、若者が楽しく多様な大人と交流できる機会や、進路相談会、社会人がメンターとなって就労のサポートをする取り組み、多様な社会体験を重ねるためのバイトの機会の提供など、企業や地域の支援団体と連携しながら「社会サンカク」を応援する機会を作り出すことを通じて、若者の自立をサポートしています。

投稿者: 山崎健吾

居住支援担当