特定非営利法人サンカクシャ

【参加者募集】ゲームを通じた若者支援プログラム「ゲームデバンソウ」はじめます!

2022/02/11

この度サンカクシャでは、ゲームを使った相談支援プログラム「ゲームデバンソウ」を始めます!
本プログラムへ参加する若者を新たに募集いたしますので、ぜひ本記事にて詳細をご確認ください。

若者と繋がる「居場所」から「ゲーム」へ

サンカクシャでは、これまで「家にいたくない」「働きたいけど働けない」「学校に馴染めない」といった若者たちの居場所作りや仕事のサポートを、東京都豊島区を中心に行ってきました。
居場所では、いきなり相談をしたり将来のことを考えるのが難しい若者も気軽に遊びに来れるよう、若者が自由に過ごせる場としてオープンしてきました。

しかし、コロナ禍で居場所にたくさんの人が集まれないこともあり、昨年度からはオンラインでの交流の形も模索。
そして始めたのがゲーム。
スタッフが一生懸命ゲームをし、若者にゲームのやり方を教わって、時にはコーチングをつけながら日夜ゲームに励んできました。
全ては若者と楽しくゲームをするために。(そして代表荒井はずぶずぶとゲームにハマりました)

そんな経緯がありオンラインでの活動に本格的に取り入れたゲームですが、オンラインゲームの効力に気がつきました。
何か作業しながら話せるオンラインゲームは、交流には最適。
そして、ゲームは若者たちの方が上手いことが多いので、支援者と若者の立場が逆転して面白い。

サンカクシャでは、これまで居場所で仕事のサポートや日々いろんな相談にのっていましたが、ゲームでも同じようなラフな雰囲気でサポートができる可能性を感じ、この度ゲームを使った相談支援プログラムを始めることにしました。

「ゲームデバンソウ」活動概要

相談支援プログラム「ゲームデバンソウ」
今回採用するタイトルは「APEX」
若者世代に人気なゲームで、サンカクシャスタッフも大好きなゲームです。

「職場に馴染めず仕事やバイトがなかなか続けられない」
「働き始めたいけれど、外で働くのに不安がある」
そんな悩みのある若者に、サンカクシャスタッフが一緒にAPEXをしながら、まず仲良くなり、そして悩みや今後について相談にのります。
期間は4ヶ月。その後も希望すれば、継続は可能ですし、対面で会ってのサポートも可能です。

■プログラム概要
期間:2022年2月〜5月の4ヶ月間(期間終了後の継続も可能)
頻度:週1回〜2週間に1回程度(頻度は個別に要相談)
日時:個別に要相談
実施方法:オンライン(APEX)(対面実施も可)
実施内容:サンカクシャのスタッフや社会人が、一緒にAPEXで楽しくゲームをしながら、4ヶ月間若者の相談に乗ります
内容:仕事のことや生活のこと、今後のことなどなんでも。まずは、ゲームして仲良くなりましょう。

■募集要項
募集定員:5名
対象年齢:18~25才くらいまで(このほかの年齢の方もご相談ください)

■こんな人におすすめ
・バイトをはじめたいが、何をしたらよいかわからない
・バイトを辞めてしまって、困っている
・バイトがなかなか続かない
・働きたいけど、どうしたら良いかわからない

■このプログラムでは難しいこと
・正社員での仕事探しなどは、本プログラムの対象外です
・アルバイトの斡旋はできません

■その他
・受け入れの可否は本人との面談を経て、決定します
※一度お会いした若者で、本プログラムが合わない場合は、サンカクシャの他のプログラムや他機関に繋ぐなど責任をもって対応します。

■お申し込み・問い合わせ

以下のフォームに必要事項をご記入の上、お申込みください。
https://forms.gle/p8o9yxW7v7mjyHvF9

お申込み後、担当者より初回面談のご連絡をいたします。
ご本人とサンカクシャスタッフの初回面談後、実施日程や担当スタッフを決定し、プログラム開始となります。

※本プログラムは、株式会社セールスフォース・ドットコムよりご支援いただいている、コミュニケーションが苦手・新しい人間関係をつくるのが苦手な若者でも継続的にアルバイトができるようにサポートする「イッショニバイト」プログラム内の新メニューとなります。

ゲーム以外での、通常の「イッショニバイト」でも現在参加者を募集しております。「イッショニバイト」プログラムの詳細・募集要項はこちらをご覧ください。

なお、スタッフや社会人ボランティアのゲームレベルは、そこそこやりこんでいる人から上手くない人まで様々。
上手くない人とわいわいやりたい、上手い人とガチでやりたい、教えてほしいなどなどリクエストありましたら、ぜひ!
すごく上手い人はいないので、むしろ教えてあげようという若者も歓迎です。

ちなみに代表の荒井は、昨年2,000時間APEXをプレイし、初FPSながらソロダイヤにいけるくらいになりました。
アラサーなのでプレイ後は眼球が死んでます。
サンカクシャのスタッフやボランティアはプラチナ帯で沼っている人が多めです。

この記事を読んで、参加してみたいと思った若者の皆さん、そしてこの若者にぜひプログラムを紹介したいという支援機関のご担当者様、ぜひお気軽にまずはフォームよりご連絡ください!


若者たちの「いま」と「これから」を、サンカクシャと共に応援してくれる方を大募集!
以下の方法より、活動にあなたもサンカクしませんか?

🎁 サンカクハウスを支えるウィッシュリストを募集中!https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/AYMLR0DLWHJD

🙌 寄付で応援!単発・自由な金額設定から、ご支援いただけます
https://www.sankakusha.or.jp/donation/

✉️ メルマガ限定スタッフコラム配信中。登録はこちら↓
http://eepurl.com/gXWBBv

投稿者: 荒井 佑介

代表理事