サンカクシャ

ボランティア全国フォーラム2022「今、あらためてボランティアのこれからを考える」
2日目の11月19日(土)第4分科会に代表 荒井が登壇いたします。

2日間にわたり開催される今回のプログラム。
1日目は全体会、2日目は5つの分科会で深く学びます。
5つの分科会は「多文化共生」「ボランティア団体の広報」「地域の居場所」「若者の推進者のホンネ」「社協ボランティアセンター」となっており、荒井は第4分科会で「若者の活動者・推進者のホンネを聴く~若者との上手な付き合い方再考~」をテーマに登壇いたします。
第4分科会はオンライン参加が可能なので、ご興味のある方は是非ご参加下さいませ。

詳細及びお申込みは、下記リンクからご確認下さい。

ー イベント開催日時・申込について ーーー

開催日時:11月19日(土)9:30-12:00 ※事前申し込み制※

開催場所:オンライン(Zoom)

お申し込み締切日:11月16日(水)

主催: 「広がれボランティアの輪」連絡会議/社会福祉法人 全国社会福祉協議会

詳細/お申し込み:https://www.hirogare.net/forum2022/

文京こどもを支えるプロジェクト 第10回 オンライン勉強会
「若者がまちとつながる就労支援〜自信をもてる仕事体験となるには〜」に、サンカククエスト担当・宮本が登壇いたします。
サンカクシャが企業と連携して実施しているサンカククエストについて、地域での取り組みや、実践につなげるための活動、参加者の皆さまとともに、学びを深める勉強会です。
ご興味のある方は、ぜひ下記の「お申し込みフォーム」からお申し込み下さいませ。

ー イベント開催日時・申込について ーーー

開催日時:11月15日(火)19:00-20:00 ※参加無料・事前申し込み制※

開催場所:オンライン

お申し込み締切日:11月13日(日)

主催: 文京こどもを支えるプロジェクト(サキちゃんち運営委員会)http://sakichanchi.org/

お申し込みフォームhttps://bit.ly/bunkyo-copro

サンカクシャの活動説明会の開催が決定いたしました。
2月17日(木)20:00より、参加費無料でご参加いただけるオンラインイベントとなっております。
詳細・お申込はこちら↓
https://peatix.com/event/3096634/view

「支援の手が届かない若者を支える」現場を知る活動説明会

「学校や社会に馴染めない若者が、どんな道に進んでも生き抜いていけるように」をスローガンに、目の前の若者ひとりひとりに向き合いながら、2019年5月24日より活動してきたサンカクシャ。
これから若者が社会とつながっていく過程を支える活動を作っていく上で、活動に「サンカク」し、共に若者を応援してくださる皆さまや、地域の方、企業の方々ともっとつながり、若者を応援できる社会資源の集まるコミュニティを作っていけたらと思い、活動説明会を開催いたします。

今回は、2月17日(木)20:00よりオンラインで開催。
それまでの経験から自分の将来に無関心であったり、自分を無力に感じていたりする若者や、家庭や身の回りに頼れるつながりを持っていない若者に、まず「届く支援」を。サンカクシャが大切にしているこの部分での、日々の試行錯誤についてお話しいたします。

この分野で10年以上活動を続けてサンカクシャを立ち上げた代表荒井から、支援の手が届かない若者たちが抱える背景や、彼らにサンカクシャが届けたい支援についてご説明。また、これまで向き合ってきた若者たちの変化や実際に現場で起こっているエピソードなどについてもお話しします。

そしてイベント終了後は、希望者がご自由に参加いただける質問座談会の時間も予定。直接スタッフや荒井へ質問をしたり、ざっくばらんにお話しいただける時間をご用意しております。

この機会にサンカクシャと一緒に、若者支援について考えてみたい方、若者支援の分野・NPO領域への参加に関心がある方など、幅広く皆さまにお楽しみいただけるようなイベントを予定しておりますので、ぜひご参加ください。

▼ 日時
2022年2月17日(木)20:00-21:00(本編終了の21:00頃より任意の座談会も開催予定)
開始5分前にパソコンまたはスマートフォンからアクセスいただくようお願いいたします。

▼ 会場
当日は、zoomというオンライン会議ツールを使用します。
お申込みいただいた方には、お申込時にご登録いただいたメールアドレスに、参加用URLをお送りいたします。

▼ 参加費
無料

▼こんな方、ぜひご参加ください
・若者を取り巻く環境について知りたい
・サンカクシャと一緒に、若者支援について考えてみたい
・若者支援の分野、NPO領域への参加に関心がある

▼ お申し込み
以下のお申し込みフォームよりお申し込みください
https://peatix.com/event/3096634/view

豊島区・文京区を中心にこれまで10社の企業・団体と連携し、社会に馴染めず働くことに不安を抱く16~25歳頃の若者のサポートプログラムを実施。

NPO法人サンカクシャ(本部:東京都豊島区、代表理事:荒井佑介、以下サンカクシャ)は、2021年10月より、企業・団体10社と約30件連携し、16〜25歳頃の外で働くことに不安の強い若者に対して、安心できる人と環境のもとで仕事を体験するプログラム「サンカククエスト」を開始。企業から依頼を受けた仕事(クエスト)を、若者がサンカクシャのサポートを受けながらクリアすることで、自分に自信をもち、働く上で必要となる経験値を得られるよう支援を行ってきました。
そしてこの度、プログラムで若者が実施するための仕事を依頼してくださる連携企業・団体様を募集いたします。

働くことに不安を抱く若者の背景

さまざまな家庭環境により身近な大人を頼れず、社会に馴染めない若者、不登校や引きこもりをきっかけに社会から孤立してしまう若者は働き始めるタイミングでつまずきやすい傾向があります。 特にサンカクシャでは、知らない人と働くことに不安を抱いている若者から、「働かなくてはと思うが一歩踏み出せない」「職場でのコミュニケーションがうまく取れず働いても長く続かない」といった悩みを多く聞いてきました。

本プログラムでは、そんな若者が働くことへの自信を身につけ、仕事体験を通じて社会の役に立つ楽しさや達成感を知ることで、働く意欲がわき、人や社会のつながりを感じられるよう支援しています。

企業と連携したプログラム概要

本プログラムでは、若者は企業など依頼主より会計業務や、動画編集、飲食店の接客業などリアルな仕事の依頼を受けます。仕事には若者1人だけでなく、サンカクシャのスタッフやボランティアも伴走し、業務の遂行をサポートします。 そして、若者が引き受ける仕事の依頼主となるのが、若者支援のコンセプトに共感した企業・団体・個人の方々です。

過去のサンカククエスト事例(一部)

■ 記帳代行クエスト
合同会社そらとひかりアカウンティング大塚様より、若者2人に記帳代行を依頼。会計知識が全くない若者に対して、公認会計士の大塚様が会計ソフトの使い方や、仕訳パターンをレクチャーし、帳簿作成業務を実施しました。参加した1人は会計士の仕事に興味を持ち、資格について質問するなど、将来の選択肢が増える機会になりました。

〈参加した若者より〉
・初めてのこともあり、難しそうな作業だなと緊張した。実際の作業としては手順が多く複雑に感じる部分もあったが、依頼者に気軽に質問することができ、そのおかげで慣れてきてからはかなり作業が捗った(20歳男性)
・普段と違う仕事をしたので、すごく新鮮で楽しかった(23歳男性)

〈大塚様より〉
公認会計士という資格は特殊なので、この資格が直接若者支援にはつながらないだろうと思っていたのですが、サンカククエストのような企画をいただいて、実際に経理事務を指導する機会があり、感無量でした。2人に任せている時間は私も別の仕事をしたりミーティングをしたり、自由に過ごせてとても良い時間でした。


■ 飲食店の接客クエスト
株式会社アールキューブ様が運営する飲食店「肉汁水餃子 餃包」にて、若者1人が接客業務を2日間体験。若者は飲食店の接客未経験でしたが、現場にはサンカクシャスタッフが付き添い、担当者の坂田様の丁寧なロールプレイングもあって、多くの収穫を得たと話していました。

〈参加した若者より〉
今回の体験で、いろんなことを学ぶことができました。サンカクシャの方々と、お仕事を依頼してくださった方々に、とても感謝しています。人の優しさを感じながらお仕事ができたこと、自分の成長を実感できたこと、本当によかったです(23歳男性)

〈坂田様より〉
自社でも働き方や雇用制度に力を入れていたので、サンカククエストの取り組みに共感しました。
Kくんは客観的に自分自身を俯瞰することができ、健全に自己評価をされていたと思います。初めから、仕事に対する姿勢も前向きで、真面目で優秀な方ですので側から見ていて安心感がありました。

サンカクシャ職員・サンカククエスト担当者宮本より
クエストを実施する前と後では若者の顔つきが変わっており、受け入れてくださる方の存在が大きいと感じています。彼らにとっては小さな成功を積み上げることが大切だと分かりました。 クエスト参加前の若者には「将来どんな自分でいたいか」と問うても、自身の経験から導き出される選択肢が少ないことも見受けられました。そのためサンカククエストを通じて、社会人の考え方や働き方に触れながら、自分に合った生き方を見つけてほしいと願っています。今回の事例に限らず、応援・協力していただける方と、若者の多様な体験の機会を提供してまいります。

連携企業を募集
これまで、豊島区・文京区を中心に10社の企業・団体と連携してサンカククエストを実施してきました。連携企業の皆さまからは、若い年代のアイデアが依頼した業務に活かされる、若者に仕事を依頼することでさまざまな背景の人材を受け入れる組織づくりの参考になるといった声が上がっています。 そしてこのたび、新たに本プログラムに参加し若者に仕事を依頼いただける企業・団体・個人の方を募集いたします。

 ・連携企業・団体様の募集要項 募集内容:サンカクシャを利用する16~25歳頃の若者に依頼したい仕事(仕事の遂行についてはサンカクシャスタッフやボランティアがサポート) 募集する業務の種類:1日だけの単発でおわる業務や、数か月かけて納品する業務など 費用:参加する若者が、報酬またはスキル・経験値を獲得することを想定しています。仕事の依頼に関する費用の設定は、設計時にご相談ください。 クエスト実施までのフロー:依頼主の方から依頼内容をサンカクシャスタッフがヒアリング、クエスト内容を設計。参加する若者や実施日程を調整し、事前の面談をセッティングいたします。

依頼方法: 下記のお申込フォームよりご連絡ください https://forms.gle/vMkBbDKFSV6UG9dy9

 ・他の本プログラムに関する募集サンカククエストに参加する若者の業務遂行をサポートするボランティア募集

ボランティア募集要項:
https://www.sankakusha.or.jp/2022/02/08/news-39/

 サンカクシャについて
サンカクシャは、親や身近な大人を頼れない15〜25歳ぐらいの若者の「生きていくための基盤」として、居住支援・居場所の運営・社会に出て働くためのプログラムを実施。若者が頼り先となる繋がりを獲得し、大人と関わる経験を積みながら社会に出て働く自信がつくように、若者の社会サンカクをサポートしています。
・アウトリーチ事業
・居場所作り事業
・社会サンカク事業
・居住支援事業

【法人概要】
特定非営利活動法人サンカクシャ
公式HP:https://www.sankakusha.or.jp/
所在地:〒170-0012 
東京都豊島区上池袋4-35-12 3階
代表理事:荒井佑介


※本件はPRTIMESでもプレスリリースを配信しています。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000082439.html

また、サンカククエストで実施したいくつかの活動については、下記より活動報告記事もご覧いただけます。https://www.sankakusha.or.jp/mag_tag/quest/

SMBCグループ様では、有志役職員の給与から毎月天引きする積立募金をもとに、寄付を通じて国内外の様々な社会課題の解決につなげる「SMBCグループライジング基金」に取り組んでいます。

この度、その寄付対象団体として、サンカクシャが選ばれました。

SMBCグループ 2021年度 CSR活動報告「SMBCグループライジング基金2021年度寄付先が決定しました」


今回サンカクシャが選ばれたのは「仕事や住まいを失う若者の伴走支援体制の拡充」プログラム。

本事業では、仕事や住まいを失う若者へ仕事探しや生活のサポートを提供します。仕事を探すこと、仕事が継続するように伴走支援者を増やし、増加するニーズに対応できるような支援体制を構築するために活用させていただきます。

▼関連記事

居住支援アップデート奮闘記。「とにかく住まいを確保するための場」から「自立に向けての準備ができる場」へ

サンカクシャの活動説明会の開催が決定いたしました。
4月21日(木)20:00より、参加費無料でご参加いただけるオンラインイベントとなっております。
詳細・お申込はこちら↓
https://peatix.com/event/3206601/view

親や身近な大人を頼れない10代・20代を支える新しい支援を知る活動説明会

「学校や社会に馴染めない若者が、どんな道に進んでも生き抜いていけるように」をスローガンに、目の前の若者ひとりひとりに向き合いながら、2019年5月24日より活動してきたサンカクシャ。
これから若者が社会とつながっていく過程を支える活動を作っていく上で、活動に「サンカク」し、共に若者を応援してくださる皆さまや、地域の方、企業の方々ともっとつながり、若者を応援できる社会資源の集まるコミュニティを作っていけたらと思い、活動説明会を開催いたします。

今回は、4月21日(木)20:00よりオンラインで開催。
それまでの経験から自分の将来に無関心であったり、自分を無力に感じていたりする若者や、家庭や身の回りに頼れるつながりを持っていない若者に、まず「届く支援」を。サンカクシャが大切にしているこの部分での、日々の試行錯誤についてお話しいたします。

この分野で10年以上活動を続けてサンカクシャを立ち上げた代表荒井から、支援の手が届かない若者たちが抱える背景や、彼らにサンカクシャが届けたい支援についてご説明。また、これまで向き合ってきた若者たちの変化や実際に現場で起こっているエピソードなどについてもお話しします。

そしてイベント終了後は、希望者がご自由に参加いただける質問座談会の時間も予定。直接スタッフや荒井へ質問をしたり、ざっくばらんにお話しいただける時間をご用意しております。

この機会にサンカクシャと一緒に、若者支援について考えてみたい方、若者支援の分野・NPO領域への参加に関心がある方など、幅広く皆さまにお楽しみいただけるようなイベントを予定しておりますので、ぜひご参加ください。

▼ 日時
2022年4月21日(木)20:00-21:00(本編終了の21:00頃より任意の座談会も開催予定)
開始5分前にパソコンまたはスマートフォンからアクセスいただくようお願いいたします。

▼ 会場
当日は、zoomというオンライン会議ツールを使用します。
お申込みいただいた方には、お申込時にご登録いただいたメールアドレスに、参加用URLをお送りいたします。

▼ 参加費
無料

▼こんな方、ぜひご参加ください
・若者を取り巻く環境について知りたい
・サンカクシャと一緒に、若者支援について考えてみたい
・若者支援の分野、NPO領域への参加に関心がある

▼ お申し込み
以下のお申し込みフォームよりお申し込みください
https://peatix.com/event/3206601/view

親や身近な大人を頼れない15~25歳頃の若者に、「住まい」「つながり」「就労」のサポートを実施しているサンカクシャが、活動について一つテーマを設けて、実践をご報告する実践報告会。
今回は、「指標」をテーマにゲストを迎えてのオンラインイベントを開催いたします。

詳細・お申込はこちら(無料)↓
https://peatix.com/event/3185847/view


【実践報告会】若者支援、”自立”はどう測るべき? 〜今年度開発した「自立の指標」を事例に、評価の良し悪しを考える〜

今回は、活動を通じて、若者たちがどのように、どれくらい自立しているのかを測る「指標」をテーマに、サンカクシャの実践をご報告し、就職者数などだけではない数字では測りきれない若者の自立度をどう考えていくべきなのかについてトークセッションを行います。

ゲストは、社会的インパクト評価の指標開発を行われている「DataCast」の池田利基さんと、社会的インパクト・マネジメントを軸に、NPOの伴走支援、SDGsコンサルティング、ソーシャル分野の事業開発を手掛けるソーシャルフリーランスの土岐三輪さん。
今年度サンカクシャが指標開発を行った際にご協力いただいたお二人をお招きし、じっくりお話しする1時間30分です。

活動の拡大や支援における成果の報告などさまざまな場面で、「若者が活動を通じて、どのように、どれくらい自立しているのか」若者の変化を評価が求められますが、指標をどう活用し、いかに自分たちが大切にしている支援を指標に寄せることなく実施していけるのか、皆さんと一緒に考えていける時間となればと思っております。

日頃地域や行政で子ども若者を支える活動をされている皆さまや、この機会に若者支援について考えてみたい方まで、幅広く皆さまにお楽しみいただけるようなイベントを予定しておりますので、ぜひご参加ください。

詳細・お申し込みはこちら
https://peatix.com/event/3185847/view

================

▼ 日時
2022年3月19日(土)16:00~17:30

▼ 会場
zoom

▼ 参加費
無料

▼こんな方、ぜひご参加ください
・日頃子ども若者支援の活動に参加、運営をしている方
・活動の連携をご検討されている企業の方
・NPOの中間支援等を実施されている方
・この機会にサンカクシャと一緒に若者支援について考えてみたい方

▼ お申し込み
以下のお申し込みフォームよりお申し込みください
https://peatix.com/event/3185847/view

支援の手が届かない若者の応援者を増やす、広報・ファンドレイジングスタッフ募集

※ こちらの求人は、受付を終了いたしました。

サンカクシャの活動のファンを増やしていく、広報・ファンドレイジングスタッフを、下記2ポディション募集いたします。
①スタッフ[週3~]
②アシスタント[週8~20時間]

サンカクシャが取り組む課題

サンカクシャは親や身近な大人を頼れない、15歳〜25歳の若者のサポートをしています。
「家にいたくない」「働く意欲がない」「住む場所がない」
そのような若者が生き抜いていけるように、生活のこと、仕事のこと、住まいのことをサポートしています。

貧困や虐待などの課題を抱え、家で安心して過ごせなかった、学校に馴染めなかった若者は、さまざまな人と関わることやさまざまなことを体験する機会が不足しています。その結果、人と関わることが怖くなり、何かに取り組む自信を失ってしまいます。
サンカクシャはそのような若者が安心できる場を作り、安心できる大人を増やし、何かに取り組み自信を身につける機会を作っています。

今回は、そんなサンカクシャが若者に向き合いながら発展させている活動を支え、より広げていくための、広報・ファンドレイジングチームのスタッフを募集いたします。


想いに賛同するサポーターへの情報発信をする広報・ファンドレイジング担当

募集人数:1名
雇用形態:業務委託(※2年目以降、正社員登用の可能性あり)

業務内容
・facebook、Twitterを中心としたSNS運用
・活動報告、企画記事などの執筆、企画、編集を担当
・寄付者へのお礼、報告メッセージの作成
・サポーターへの郵送物発送対応

対象人材像
・活動や理念に共感していること
・急スピードで変化している組織の中で、積極的に情報をキャッチアップし業務を進める推進力がある方
・副業可

応募資格
・パソコンの基本的操作を理解しており、ワード、エクセル、パワポ、google driveなどで基本的な文書作成、資料作成ができる方
・slackでのコミュニケーションに抵抗がない方
・広報、ライターのご経験がある方は歓迎いたします

活動場所:
週1程度、オフィス(最寄駅:板橋駅、上池袋駅)へ出勤ができる方を募集します。(そのほかの勤務日は在宅勤務も可能です)

勤務時間:
週3~4日(週24~36時間)程度
※平日日中に週8時間以上稼働ができる方
※基本フレックス勤務
※固定勤務ではなく、出勤予定は相談の上決定可能。
※夕方・土日の勤務等は、ライフスタイルにあわせてご相談ください。

就業期間:
即日~2023年3月31日
※次年度以降も希望に応じて更新可

給与:
月額105,000~150,000円(週3回の場合/経験等により決定)

福利厚生:
交通費支給(2万円まで/月)

給与以外の報酬:
当団体に所属する認定ファンドレイザー2名のもとで業務にあたることができます。

休日・休暇:
週休・年末年始休暇あり

応募方法・採用プロセス

応募希望の方は、下記採用応募フォームに必要事項を記入のうえお申込みください。

>>「広報ファンドレイジング担当」応募フォームはこちら<<

応募受付後1週間以内に、事務局よりご応募いただいたメールアドレスにご連絡いたします。
なお、
・書類選考(上記フォーム)
・一次面接(担当者、会社説明を含む)
・最終選考
のプロセスで選考は実施いたします。


寄付者コミュニケーション業務を支える、広報・ファンドレイジングのアシスタント

募集人数:1名
雇用形態:アルバイト

業務内容
・salesforceへのデータ入力
・salesforceでの情報管理
・メルマガ運用
・寄付者へのお礼、報告メッセージの作成、送付対応

対象人材像
・活動や理念に共感していること
・急スピードで変化している組織の中で、積極的に情報をキャッチアップし業務を進める推進力がある方
・在宅勤務メイン、副業可
・学生、社会人可
・経験不問

応募資格
・パソコンの基本的操作を理解しており、ワード、エクセル、パワポ、google driveなどで基本的な文書作成、資料作成ができる方
・slackでのコミュニケーションに抵抗がない方
・salesforceの使用経験がある方は歓迎いたします!(未経験でもご応募いただけますが、ご自身で学びながらsalesforceを使用した業務にあたることに抵抗のない方を募集いたします)

活動場所:
原則勤務地は自由です。
在宅がメインになりますが、オフィス(最寄駅:板橋駅、上池袋駅)で仕事することもございます。

勤務時間:
週8時間〜20時間

※基本フレックス勤務ですが、平日10:00-18:00の間で週3時間以上、また週に3回以上の稼働ができる方を募集いたします。
※固定勤務ではなく、出勤予定は相談の上決定可能。
※勤務時間は、夕方・土日勤務等、ライフスタイルにあわせてご相談ください。

就業期間:
即日~2023年3月31日
※次年度以降も希望に応じて更新可

給与:
【給与】時給1100円〜

福利厚生:
交通費支給(2万円まで/月)

給与以外の報酬:
当団体に所属する認定ファンドレイザー2名のもとで業務にあたることができます。

休日・休暇:
週休・年末年始休暇あり

応募方法・採用プロセス

応募希望の方は、下記採用応募フォームに必要事項を記入のうえお申込みください。

>>「広報ファンドレイジングのアシスタント」応募フォームはこちら<<

応募受付後1週間以内に、事務局よりご応募いただいたメールアドレスにご連絡いたします。
なお、
・書類選考(上記フォーム)
・一次面接(担当者、会社説明を含む)
・最終選考
のプロセスで選考は実施いたします。


サンカクシャの趣旨や活動のスタンスなどに共感し、一緒に活動する仲間を迎えられたらと思います。ご不明点などは、随時採用担当までお問い合わせください。


採用担当:大畑 (メール:saiyo[@]sankakusha.or.jp ※[ ] をとる)

この度、「働きはじめる」と「働き続ける」で壁にぶつかる若者に寄り添うボランティアを募集します。

サンカクシャでは、仕事探しや仕事の継続でに困りごとを抱える若者に、安心できる社会人ボランティアが4ヶ月間継続的に相談にのり伴走サポートを行う「イッショニバイト」というプログラムを実施しています。

これまでの経験から人と関わることに苦手意識があり職場での人間関係に躓きがちだったり、自分に合っている安全な求人を探すことが難しい若者たちが、まず安心できる社会人と出会い信頼関係を築くことで、社会への不信感や不安を少しずつ和らげていき、サンカクシャの外のコミュニティでも必要な人間関係を築けるようになったり、働く自信を持てたりするよう、プログラムを通じてサポートしています。

今回募集するボランティアでは、この「イッショニバイト」プログラムに参加する若者ひとりに対して、4ヶ月間大人が2-4名で1チーム体制をとりサポート。

オンラインとオフライン両方を活用して、週1回ペースで若者の相談にのりますが、今回のボランティアの特徴は2つ。

①若者と関わるスタンス
ボランティアとして参加する方は、アドバイスをする立場としてではなく、”自分らしい生き方をしているひとりの大人”としてフラットに若者と関わり、若者と大人が対等に仲良くなることを大切にしてもらっています。
与える・与えられるの関係ではなく、友達、兄ちゃん姉ちゃん、親戚のような自然な関わりをお願いしています。

②プログラム中の関わり方
参加する若者の中には「相談」という行為が苦手な若者も多く、また本プログラムでは仕事の悩みに関する解決策だけではなく、まず信頼できる大人との関わりを届けたいと思っています。
そのため、まずは、仕事のことやプライベートの悩み、楽しみなどを若者も大人もお互いに共有し、若者に寄り添う関わりをしていただける方を募集します。

「一番のやりがいは伴走する若者の成長を間近で見届けられること」
これまで参加したボランティアの方からは、こんな声を聞くことがあります。

何気ない日常を一緒に過ごすと、悩んだり喜んだり、色々な感情を共にします。
兄弟・親戚のようななんとも言えない関係を段々と築くことができてくると、その子が進学したり、成人した時に、家族のように嬉しい気持ちになります。
また、ここに集まるメンバーはみんな同じような志と雰囲気を持った人たちで、「ボランティア同士で会うと、なんか落ち着く」といった声が多いです。

そんな若者の伴走を通じて得られる喜びやつながりを、ぜひ多くの方々に感じてもらえたらと思っています。
ご応募お待ちしております。


イッショニバイト伴走ボランティアの募集要項

人物像:
・指導的ではなく、若者と同じ目線で活動できること
・若者の興味関心を一緒に楽しめる人
・若者の感情の機微や行動の変化を見守れる人

活動場所:
サンカクキチ(最寄り駅:板橋駅/北池袋駅徒歩7分) or オンライン

時間帯:
14:00~21:00 活動曜日や時間帯はチームで調整をお願いしています

報酬および交通費:
無し

ボランティア保険加入:
サンカクシャ負担で加入します
※他のボランティア活動で既に加入済みの方はお申し出ください

頻度:
週1日程度 
※月1回程度はオフラインでの参加を推奨します

ボランティア参加までの流れ

①ボランティア募集説明会への参加【開催日:2/10, 3/10, 4/20】
②参加希望申し込み
③応募者オリエンテーション兼選考会への参加【2月下旬頃】
④オンライン面談
⑤事務局にて、ボランティア登録の可否判断
⑥登録 
※登録後の連絡等には、チャットツール“slack”と団体オリジナルSNS”サンカクトーキー”を使用します。

ボランティア募集説明会

① 2月10日(木)20:00-21:00
https://peatix.com/event/3144448/view

②3/10(木)20:00-21:00
https://peatix.com/event/3161075/view

③4/20(水)20:00-21:00
https://peatix.com/event/3161095/view

申込フォーム

ボランティア募集説明会参加者のみにお知らせします。

<留意事項
ボランティア登録には、説明会および応募者オリエンテーションへの参加は必須とさせていただきます。
また、ボランティア登録可否の理由に関するお問い合わせには応じられません。


サンカクシャでは新型コロナウイルス感染症の影響により、Zoomを使用したオンラインでの若者の支援も行っております。
その一方で、仕事を通じて出会う社会人や大人と直接顔を合わせること、言葉を交わすことが、若者にとって大きな財産となります。
対面でもオンラインでも、個別に寄り添う「伴走」をしていくことに関心のある方々に、ぜひご参加いただけたら幸いです。

サンカクシャの趣旨や活動のスタンスなどに共感し、一緒に活動する仲間を迎えられたらと思います。
ご不明点などは、随時担当までお問い合わせください。

社会サンカク事業担当 石塚
(メール:saiyo[@]sankakusha.or.jp ※[ ] をとる)