【イベント情報】『「支援の手が届かない若者を支える」現場を知る活動説明会』を11/11に開催いたします

サンカクシャの活動説明会の開催が決定いたしました。
11月11日(木)20:00より、参加費無料でご参加いただけるオンラインイベントとなっております。
詳細・お申込はこちら↓
https://peatix.com/event/3051064/view

「支援の手が届かない若者を支える」現場を知る活動説明会

「学校や社会に馴染めない若者が、どんな道に進んでも生き抜いていけるように」をスローガンに、目の前の若者ひとりひとりに向き合いながら、2019年5月24日より活動してきたサンカクシャ。
これから若者が社会とつながっていく過程を支える活動を作っていく上で、活動に「サンカク」し、共に若者を応援してくださる皆さまや、地域の方、企業の方々ともっとつながり、若者を応援できる社会資源の集まるコミュニティを作っていけたらと思い、活動説明会を開催いたします。

今回は、11月11日(木)20:00よりオンラインで開催。
それまでの経験から自分の将来に無関心であったり、自分を無力に感じていたりする若者や、家庭や身の回りに頼れるつながりを持っていない若者に、まず「届く支援」を。サンカクシャが大切にしているこの部分での、日々の試行錯誤についてお話しいたします。

この分野で10年以上活動を続けてサンカクシャを立ち上げた代表荒井から、支援の手が届かない若者たちが抱える背景や、彼らにサンカクシャが届けたい支援についてご説明。また、これまで向き合ってきた若者たちの変化や実際に現場で起こっているエピソードなどについてもお話しします。

そしてイベント終了後は、希望者がご自由に参加いただける質問座談会の時間も予定。直接スタッフや荒井へ質問をしたり、ざっくばらんにお話しいただける時間をご用意しております。

この機会にサンカクシャと一緒に、若者支援について考えてみたい方、若者支援の分野・NPO領域への参加に関心がある方など、幅広く皆さまにお楽しみいただけるようなイベントを予定しておりますので、ぜひご参加ください。


▼ 日時
2021年11月11日(木)20:00~21:00 (本編終了の21:00頃より任意の座談会も開催予定)
開始5分前にパソコンまたはスマートフォンからアクセスいただくようお願いいたします。

▼ 会場
当日は、zoomというオンライン会議ツールを使用します。
お申込みいただいた方には、お申込時にご登録いただいたメールアドレスに、参加用URLをお送りいたします。

▼ 参加費
無料

▼こんな方、ぜひご参加ください
・若者を取り巻く環境について知りたい
・サンカクシャと一緒に、若者支援について考えてみたい
・若者支援の分野、NPO領域への参加に関心がある

▼ お申し込み
以下のお申し込みフォームよりお申し込みください
https://peatix.com/event/3051064/view

▼ 登壇者
荒井佑介(あらい ゆうすけ)
NPO法人サンカクシャ代表理事

1989年埼玉県出身。
2008年より新宿駅で路上生活者と仲良くなったことからホームレス支援に携わり始める。
2011年から子どもの貧困問題に関心を抱き、生活保護世帯を対象とする中学3年生の学習支援に携わる。
豊島区池袋や足立区で生活困窮や不登校、非行などの課題を抱える子ども若者と関わりはじめる。
2013年に株式会社パソナに入社後、販売員や営業職の派遣の営業に従事。
2014年には新事業開発室にてニートフリーターの就労支援の新規事業の立ち上げに従事。
中学3年生の学習支援に長く関わっていた経験から、高校進学後に、中退、妊娠出産、進就職で躓く子達を多く見たことから、2019年にNPO法人サンカクシャを立ち上げる。

【プレスリリース】中高生・若者の孤立を防ぐ居場所を、文京区千石で10月1日移転オープン

特定非営利活動法人サンカクシャは、中高生や若者の孤立を防ぐ居場所を、文京区千石にて10月1日に移転オープンしました。10月30日には新拠点の内覧会を実施いたします。

また移転を機に、11月24日(水)23:00まで100万円を目標金額にREADYFORにてクラウドファンディングに挑戦しています。
https://readyfor.jp/projects/sankakusha_bunkyoku

特定非営利活動法人サンカクシャ(本部:東京都豊島区、代表理事 荒井佑介)は、中高生や若者の孤立を防ぎ自立に向け、自分の「好き」を探せる居場所「サンカクハウス千石」を、文京区千石にて10月1日に移転オープンしました。

また移転を機に、より多くの文京区の中高生や若者が居場所を利用でき、運営を継続していけるよう、11月24日(水)23:00まで100万円を目標金額にREADYFORにてクラウドファンディングに挑戦しています。
【URL】https://readyfor.jp/projects/sankakusha_bunkyoku

サンカクハウス千石の特徴
1.文京区の孤立する中高生や若者に寄り添う居場所活動
2.中学卒業後に支援が途切れる状況を受け、地域の支援機関・他団体を利用中の中学生を受入
3.この秋移転に伴い活動を拡大。受入人数を増やします!

地域と連携し実施してきた文京区でのサンカクシャの活動
サンカクシャは東京都豊島区に本拠点を置き、若者の孤立という課題に向き合い、15歳から25歳くらいまでの若者の自立を支援をしています。私たちの活動のメインは「サンカクハウス(居場所)」の運営と「社会サンカク(参画)」のプログラム実施です。

19年、文京区社会福祉協議会の「Bチャレ(提案公募型協働事業)」において、サンカクシャが提案した「行政の専門職と連携して、大学生等の非専門職人材としてのボランティアの育成を通じて、孤立状態にある子ども若者を支える仕組み作りを目指す事業」が採択されました。これにより、文京区教育センターと連携して、若者を支援へと繋く仕組みづくりがスタート。

さらに同年には、文京区社会福祉協議会との協働により、サンカクシャとしては2番目の居場所を文京区にオープンしました。場所は東京大学本郷キャンパスが近くにある本郷三丁目駅の近く。株式会社シード様のご厚意により、所有ビルの一室をお借りすることができました。この居場所運営は「社会福祉振興助成事業(WAM助成)モデル事業」として採択されました。

移転の背景
19年に文京区本郷でスタートした居場所は、現在は21人の中高生と若者が利用。移転前は、10畳ほどの広さのスペースに、開所中好きな時間に若者が訪れ、思い思いに好きな事をして過ごしてきました。徐々に利用者が増え、若者と職員・ボランティアを合わせて一度の利用が10人を超えることも。コロナ禍でソーシャルディスタンスを保つ必要もあり、活動を継続するには少し手狭になってきました。

この場所は当初から期間限定での利用契約でした。今秋で入居のビルが改修工事のため取り壊されることとなり、9月末での閉鎖が決定。一時は居場所の継続を諦めかけたものの、多くの方に相談にのっていただき、ご縁ある地域の方のご紹介で、10月から同じ文京区内の千石へ移転が決まりました。

手狭な前の居場所の様子
夕食風景(前拠点のカフェスペース)

新しい居場所での事業計画

サンカクハウス千石の見取り図

○多様なニーズに応えられるスペースつくり
居場所の広さを生かして「静か集中ゾーン」「くつろぎゾーン」などに区分けし、例えば学校の課題などの学習したい子は集中できるよう、ただくつろぎたい子はくつろげるように。こうした区分けにより、若者一人ひとりが「居心地が良い」と感じるすごし方ができるようになります。

○居場所開放日の増加
現在、週2日開放している居場所を、週4日に増加。そうすることで「静か中心の曜日」「わいわい中心の曜日」など、「それなら行けるかも」と若者が感じる居場所として利用しやすくなる環境を整えていきます。

○体験機会の充実化
これまでは居場所内で開放日に来訪してすごすことがメインとなっていました。 これからは屋外レクリエーションや、文京区内の地域団体や企業との共同イベントなど、居場所の外へ出かける機会を増やし、若者たちが「今までしたことがなかった経験」の機会を充実化します。

○多世代と交流する機会の増加
文京区千石は、文京区の中で地域活動が比較的活発なエリアです。交流会や地域イベントへの参加などを通じて、同世代だけでなく多世代と交流する機会を増やしていきます。

感染症対策を講じながら受入可能な人数を増やしていき、来年度には 50人を目標にしたいと思っています。
現在 利用人数 21人

2022年 受入可能人数 50人 へ

カフェでの職場体験

内覧会のご案内
2021年10月30日(土)にサンカクハウス千石にて内覧会を実施します。
ご多忙中とは存じますが、この機会にご取材賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

日時:2021年10月30日(土)10:00-12:00
対象:文京区の近隣にお住まいの方、これまでサンカクシャを支援された方、メディア関係者
場所:東京都文京区千石3丁目(住所詳細についてはご取材お申し込みをいただいた方へ別途ご案内いたします。)
内容:施設見学およびサンカクシャの事業に関するご説明
申込:本件に関するお問合せ先に記載しているフォームもしくは電話にてご連絡ください

クラウドファンディングについて
・プロジェクトのタイトル:文京区で中高生や若者が自分の『好き』を探せる居場所を継続したい!
・プロジェクトのURL:https://readyfor.jp/projects/sankakusha_bunkyoku
・目標金額:100万円
・プロジェクトの概要:文京区千石への居場所の移転&拡大を機に居場所の開室時間や活動内容を充実させたい

居場所概要
施設名:サンカクハウス千石
所在地:東京都文京区千石3丁目(東京メトロ丸ノ内線新大塚駅から徒歩約7分)
TEL:03-6905-8287
開室時間:毎週 水・土曜日 14:00-20:00(今後、週4日開室を予定)
活動内容:
 ・フリータイム(自由にすごす)
 ・夕食の提供
 ・進路相談 など

 サンカクシャについて
サンカクシャは、学校や社会に馴染めない15〜25歳ぐらいの若者が孤立せず、自立にむかえるよう、社会サンカクを応援する団体です。
子ども・若者が安心して過ごせる居場所を運営し、夕食を無料で提供しています。
また、職場体験、社会人と交流する機会、“働く“につながるスキルアップの機会、気負わず挑戦できるアルバイトの場など、社会に出るための経験値をあげる機会も用意しています。
いきなり居場所に来ることが難しい子ども若者へは個別支援も実施しており、子ども若者ひとりひとり寄り添いながら、自立をサポートしています。
・アウトリーチ事業
・居場所作り事業
・社会サンカク事業
・居住支援事業

【法人概要】
特定非営利活動法人サンカクシャ
公式HP:https://www.sankakusha.or.jp/
所在地:〒171-0044 東京都豊島区千早1-11-12
代表理事:荒井佑介


 本件に関するお問合せ先
本件に関するお問合わせは以下のフォームよりご連絡ください。
https://www.sankakusha.or.jp/contact/


 寄付でのご支援
若者たちの「いま」と「これから」を、サンカクシャと共に応援してくれる方を大募集!
単発・自由な金額設定から、ご寄付いただけます。
https://www.sankakusha.or.jp/donation/




※本件はPRTIMESでもプレスリリースを配信しています。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000082439.html

【イベント情報】10/16(土)『【実践報告会】若者の居場所で一人ひとりと関わって 〜若者が「自分ちょっといいかも」と変化していく仕掛け〜』を開催いたします

サンカクシャの実践報告会の開催が決定いたしました。
10月16日(土)11:00より、参加費無料でご参加いただけるオンラインイベントとなっております。
詳細・お申込はこちら↓
https://peatix.com/event/3022513/view

若者の居場所で一人ひとりと関わって 〜若者が「自分ちょっといいかも」と変化していく仕掛け〜

今回は、10月16日(土)11:00より開催。テーマに、文京区で開設している若者の居場所の活動をピックアップ。

文京区の居場所は、サンカクシャの中では比較的若年の義務教育終了後の高校生年代の若者の利用がメインとなっており、地域とケースの連携を行いながら日々活動をしています。今年開設から2年を迎え改めて考える、この年代の若者たちにとって必要な支援とは何か。そして、徐々に人と関わることへの楽しみに気がつき、”自分”らしくコミュニケーションを取るようになっていく若者たちを支えてきた取り組みについて報告します。

日頃地域や行政で子ども若者を支える活動をされている皆さま、活動の連携をご検討されている企業の方、この機会にサンカクシャと一緒に若者支援について考えてみたい方など、幅広く皆さまにお楽しみいただけるようなイベントを予定しておりますので、ぜひご参加ください。


▼ 日時
2021年10月16日(土)11:00~12:00
開始5分前にパソコンまたはスマートフォンからアクセスいただくようお願いいたします。

▼ 会場
当日は、zoomというオンライン会議ツールを使用します。
お申込みいただいた方には、お申込時にご登録いただいたメールアドレスに、参加用URLをお送りいたします。

▼ 参加費
無料

▼こんな方、ぜひご参加ください
・若者支援の分野、NPO領域で働くことに関心がある
・プロボノなどで活動や団体に関わることに関心がある
・サンカクシャと一緒に、若者支援について考えてみたい

▼ お申し込み
以下のお申し込みフォームよりお申し込みください
https://peatix.com/event/3022513/view

【イベント情報】10/1(金)配信!『「中高生が自分の好きを探せる居場所」クラウドファンディング初日ライブ!』を開催いたします

2021年10月1日、サンカクシャでは文京区での居場所活動継続のためのクラウドファンディングを新たにスタートいたします。

クラファン開始初日の10月1日(金)20:00より、実行メンバーとFBライブを開催いたします。
プロジェクトテーマの『文京区で 中高生や若者が自分の『好き』を探せる居場所を継続したい!』にある、居場所の担当している木口と坂本から、熱い想いをお届けいたします。

・プロジェクトに込めた想い
・これまでの活動で見えてきた”居場所”の価値
・見守ってきた若者の変化

などを振り返る30分間。ぜひご覧ください。

▼ 日時
2021年10月1日(金)20:00~20:30

▼ 会場
Facebookライブにて配信
https://www.facebook.com/events/227312242754517
開始5分前に上記リンクをパソコンまたはスマートフォンからアクセスいただくようお願いいたします。

▼ 参加費
無料

▼ お申し込み
事前お申込みは不要です

【イベント情報】『「支援の手が届かない若者を支える」現場を知る活動説明会』を8/21に開催いたします

サンカクシャの活動説明会の開催が決定いたしました。
8月21日(土)11:00より、参加費無料でご参加いただけるオンラインイベントとなっております。
詳細・お申込はこちら↓
https://peatix.com/event/22608243/view

「支援の手が届かない若者を支える」現場を知る活動説明会

「学校や社会に馴染めない若者が、どんな道に進んでも生き抜いていけるように」をスローガンに、目の前の若者ひとりひとりに向き合いながら活動してきたサンカクシャ。

この度、8月21日(土)11:00よりオンラインにて活動説明会を開催いたします。

それまでの経験から自分の将来に無関心であったり、自分を無力に感じていたりする若者や、家庭や身の回りに頼れるつながりを持っていない若者に、まず「届く支援」を。サンカクシャが大切にしているこの部分での、日々の試行錯誤についてお話しいたします。

前半は、この分野で10年以上活動を続けてサンカクシャを立ち上げた代表荒井から、支援の手が届かない若者たちが抱える背景や、彼らにサンカクシャが届けたい支援についてご説明いたします。 後半は、これまで向き合ってきた若者たちの変化や実際に現場で起こっているエピソードなどについてお話しします。

そしてイベント終了後は、希望者がご自由に参加いただける質問座談会の時間も予定。直接スタッフや荒井へ質問をしたり、ざっくばらんにお話しいただける時間をご用意しております。

この機会にサンカクシャと一緒に、若者支援について考えてみたい方、若者支援の分野・NPO領域で働くことに関心がある方など、幅広く皆さまにお楽しみいただけるようなイベントを予定しておりますので、ぜひご参加ください。


▼ 日時
2021年8月21日(土)11:00~12:00
開始5分前にパソコンまたはスマートフォンからアクセスいただくようお願いいたします。

▼ 会場
当日は、zoomというオンライン会議ツールを使用します。
お申込みいただいた方には、お申込時にご登録いただいたメールアドレスに、参加用URLをお送りいたします。

▼ 参加費
無料

▼こんな方、ぜひご参加ください
・若者を取り巻く環境について知りたい
・サンカクシャと一緒に、若者支援について考えてみたい
・若者支援の分野、NPO領域で働くことに関心がある

▼ お申し込み
以下のお申し込みフォームよりお申し込みください
https://peatix.com/event/2608243/view

【プレスリリース】親や身近な大人に頼れず就労に不安のある若者を支える、伴走支援型プロジェクト「イッショニバイト」を株式会社セールスフォース・ドットコムの支援を受け開始。

2021年8月1日よりNPO法人サンカクシャは、15~25歳ごろの若者に4ヶ月間仕事探しや働き続けられるためのサポートを社会人が伴走し支援するプログラム「イッショニバイト」を、株式会社セールスフォース・ドットコムの支援を受け開始いたします。

コロナ禍で、アルバイトが減らされた、仕事がなくなった若者からの相談が増加している現状を受け、親や身近な大人に相談できる人がいない若者に対して、働く一歩目を支えるプログラムです。

「若者がどんな道に進んでも生き抜いていけるように」をスローガンに15~25歳の若者を支えるNPO法人サンカクシャ(東京都豊島区、代表理事:荒井佑介)は、コミュニケーションが苦手・新しい人間関係をつくるのが苦手な若者でも、継続的にアルバイトができるよう支える「イッショニバイト」プログラムを8月1日より、株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一)からの新型コロナウイルス関連の緊急支援の寄付を受け開始いたします。


「イッショニバイト」プログラムについて
本プログラムでは、一般企業等で働く社会人ボランティアが、サンカクシャが提供する研修受講後、4ヶ月間オンラインで若者に寄り添い相談を聞きながら、「初めてアルバイトに挑戦」「継続してアルバイトができるようになりたい」といった若者の仕事探しや求人への応募、職場での人間関係づくりや職場で働き続けるためのサポートを実施いたします。

プログラム開始の背景
プログラム開始の背景現在コロナの影響を受け、仕事がなくなった若者からの相談が増加しています。
親や⾝近な⼤⼈を頼れない若者は、生活困窮や仕事の悩みを抱えたとき、⾝近に相談できる相⼿が誰もおらず、 ひとりで困りごとを抱えて引きこもる、⽣活困窮に陥る等の状況にあります。

中でも「就労の経験がなく仕事の探し方がわからない」「自信がなくバイトを始めるのが怖い」「職場で人間関係がうまくいかずバイトが続かない」など就労への心理的ハードルが高い若者に対して、働く最初の一歩としてアルバイトを「始めること」と「続けること」を支えるため、素の自分を出しプライベートな悩みも含め気兼ねなく相談できる身近な社会人からのサポートのプログラムを開始することとなりました。

 「イッショニバイト」プログラム概要
日時:毎週木曜日19時から20時(オンライン)
期間:第1期 2021年8月1日から11月31日の4ヶ月間 ※第2期は2022年1月頃実施予定
対象年齢:18~25才頃
定員:第1期10名、第2期15名
参加費用:無料

株式会社セールスフォース・ドットコムからのご支援について
本事業は、株式会社セールスフォース・ドットコムからの新型コロナウイルス関連の緊急支援の寄付を受け開始しました。
セールスフォース・ドットコムの社会貢献活動「1-1-1モデル」に基づき、セールスフォース・ドットコムの社員ボランティアも一般ボランティアの方と一緒に社会人メンターとして伴走プログラムに参加します。
1-1-1モデルについて:

https://www.salesforce.com/jp/company/org/overview/


 NPO法人サンカクシャ
親や身近な大人を頼ることができない15歳から25歳の若者が孤立せず、社会に「サンカク」していけるよう、地域で若者を応援するネットワーク作りと若者が生き抜くことができる仕組み作りを行っています。
・居場所作り事業
・社会サンカク事業
・アウトリーチ事業
・居住支援事業

公式HP:https://www.sankakusha.or.jp/
所在地:〒171-0044 東京都豊島区千早1-11-12
代表理事:荒井佑介

 本件に関するお問合せ先
本件に関するお問合わせは以下のフォームよりご連絡ください。

https://www.sankakusha.or.jp/contact/



 連携等に関する法人の方からのご相談・寄付でのご支援
本件に関するお問合わせは以下のフォームよりご連絡ください。

https://www.sankakusha.or.jp/contact/



 寄付でのご支援
若者たちの「いま」と「これから」を、サンカクシャと共に応援してくれる方を大募集!
単発・自由な金額設定から、ご寄付いただけます。

https://www.sankakusha.or.jp/donation/



※本件はPRTIMESでもプレスリリースを配信しています。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000082439.html

【イベント情報】『[実践報告会]開設から1年。若者の「居住支援」で気づいたこと。〜居心地の良さと自立のバランスの取り方〜』を8/6に開催いたします

サンカクシャの実践報告会の開催が決定いたしました。
8月6日(金)20:00より、参加費無料でご参加いただけるオンラインイベントとなっております。
詳細・お申込はこちら↓
https://peatix.com/event/2180776/view

開設から1年。若者の「居住支援」で気づいたこと。〜居心地の良さと自立のバランスの取り方〜

これから若者が社会とつながっていく過程を支える活動を作っていく上で、日頃地域で子ども若者を支える活動をされている皆さまや、行政や企業の方々、活動を応援してくださる皆さまに向け、サンカクシャの活動の一つである居住支援の実践報告会を開催します。

今回は、8月6日(金)20時より、サンカクシャが昨年7月より運営している様々な事情を抱えた若者の集まるシェアハウスの、ただ住まいを提供するだけでなく若者が自立に向けてステップを踏むためにどんなことが必要か、居住支援をしながら見えてきた課題とその取り組みについて報告します。
性格や生活スタイルが違う中でも共存していくために、どんなルールがあったらいいか。
「大人」が決めておしつけるのではなく、若者たちと話し合って試行錯誤しながら運営している居住支援の現状を共有できたらと思います。

日頃地域や行政で子ども若者を支える活動をされている皆さま、活動の連携をご検討されている企業の方、この機会にサンカクシャと一緒に若者支援について考えてみたい方など、幅広く皆さまにお楽しみいただけるようなイベントを予定しておりますので、ぜひご参加ください。


▼ 日時
2021年8月6日(金)20:00~21:00
開始5分前にパソコンまたはスマートフォンからアクセスいただくようお願いいたします。

▼ 会場
当日は、zoomというオンライン会議ツールを使用します。
お申込みいただいた方には、お申込時にご登録いただいたメールアドレスに、参加用URLをお送りいたします。

▼ 参加費
無料

▼こんな方、ぜひご参加ください
・日頃地域や行政で子ども若者を支える活動をされている皆さま
・活動の連携をご検討されている企業の方
・この機会にサンカクシャと一緒に若者支援について考えてみたい方

▼ お申し込み
以下のお申し込みフォームよりお申し込みください
https://peatix.com/event/2180776/view

緊急事態宣言中の活動について(2021年7月12日~2021年8月22日)

いつもサンカクシャの活動にご理解、ご参加いただき、誠にありがとうございます。

この度の4回目の緊急事態宣言をうけて、緊急事態宣言中のサンカクシャの各事業および体制の方針をお知らせします。




(1)各事業の活動方針


居場所支援(要町)
・開所日時:(木)(土) 14:00~20:00
・不特定多数の参加を想定したイベントや見学は当面見合わせます


居場所支援(本郷)
・開所日時:(水)(土) 14:00~20:00
・不特定多数の参加を想定したイベントや見学は当面見合わせます


居場所支援(駒込)
・開所日時:(火)(土) 14:00~20:00
・不特定多数の参加を想定したイベントや見学は当面見合わせます


生活支援(駒込)
・利用者の生活基盤であるため活動は継続します
・ 一人暮らし体験の受入れは見合わせます


個別支援・アウトリーチ
・個別アウトリーチについては、相談元の家庭の判断で実施の可否を判断します


カフェ事業(本郷)
・飲食業に対して政府・東京都が求めるルールに従って営業を続けます



(2)テレワーク体制へのご理解をお願いします

緊急事態宣言中は職員のテレワークを推進いたしますため、打合せについいてはなるべくオンライン活用をお願いしています。ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。


なお今回の対応は緊急事態宣言期間中(8月22日まで)を想定していますが、期間延長などの場合には、改めて状況を判断してお知らせします。


NPO法人サンカクシャ事務局